ファイナンシャルプランナーのなり方,2級FP技能士の取得の仕方,FP2級技能士

チェックポイント-建設基準法


借地権・借家権
定期借地権3種類の相違点 定期借家権について
などが出題されやすい

ポイント-建設基準法

  学科試験と実技試験 過去問題チェック(最新版)
  (各ページで過去問とともに振り返ります)

 建設基準法

 道路

   1) 4m以上の道路
      国道・都道府県道・市町村道など

   2) 4m未満の道路
      建物を建て並んでいる幅員4m未満の道路で特定行政庁を指定したもの
      道路の中心線から2mのところが道路境界線となり、そこまで後退が必要
     (セットバック)

   3) 接道義務
      都市計画区域等で建物を建築する場合、原則として道路は
      最低2m以上接道する必要あり

   4) 建ぺい率
      建ぺい率=建築面積÷敷地面積×100
      建ぺい率の緩和 角地 10%アップなど

   5) 容積率
      容積率=建物延べ面積÷敷地面積×100

   A) 異なる容積率の地域にまたがる土地
      それぞれの地域の面積に応じて加重平均

   B) 容積率の制限
      住宅系の地域→4/10 非住宅系の地域→6/10

 防火地域・準防火地域

   1) 防火地域
      100m2以下
      1階~2階 → 耐火建築物or準耐火建築物 3階 → 耐火建築物
      100m2以上 1階~3階 耐火建築物

   2) 準防火地域
      500m2以下 1階~3階 指定なし 4階 耐火建築物
      500m2~1500m2以下
      1階~3階 耐火建築物or準耐火建築物 4階 耐火建築物

      1500m2-耐火建築物

 過去問より

    都市計画区域内において建築物の敷地は原則として
    幅員4m以上の道路に2m以上接していなければならない
    (正しい)
    建築基準法が規定する道路とはいわゆる公道に限られる
    (誤り)
    防火地域内において耐火建築物を建築する場合容積率制限の緩和を受けられる
    (誤り)
    戸建住宅はすべて用途地域で建築が可能である
    (誤り)

2級FP技能士を目指そうから多くの登録がある通信教育

2011年新しい資格はいかがでしょうか?!
2級FP技能士になろうから登録が多いFP通信講座-(2011年3月末)
1位 LEC(東京リーガルマインド)
(現在2010年4月FP合格フルパックがお勧め)
2位 ユーキャン
(超有名大手サイト)
3位 資格の大原
(CMでもお馴染み)

FP2級・2級FPを合格させるためのツール