ファイナンシャルプランナーのなり方,2級FP技能士の取得の仕方,FP2級技能士

チェックポイント-借地権・借家権


借地権・借家権
定期借地権3種類の相違点 定期借家権について
などが出題されやすい

ポイント-借地権・借家権

  学科試験と実技試験 過去問題チェック(最新版)
  (各ページで過去問とともに振り返ります)

 借地権・借家権

 借地権

  1) 借地権:建物の所有を目的とする地上権および土地の賃借権
  2) 借地権の対抗:借地上の建物を借地人の名前で 登記すること
     によって借地権は第三者に対抗可能

 一般定期借地権

  存続期間:50年以上
  建物用途:用途制限無し
  契約の方法:書面による契約

 建物譲渡特約付定期借地権

  存続期間:30年以上
  建物用途:用途制限無し
  契約の方法:指定無し

 事業用定期借地権

  存続期間:10年以上20年以下
  建物用途:事業用建物のみ
  契約の方法:公正証書契約

 借家権

   借家権とは建物を借りている権利。
  1) 借家権の対抗力 建物の所有権を制限した第三者にも対抗できる
  2) 借家契約の期間 有効な契約期間の1年
  3) 定期借家契約 存続期間:制限なし
  更新方法:公正証書等の書面 床面積200㎡未満の居住用建物の場合のみ賃借人
  の特約がなくても解除可能

 過去問より

  普通借地権の存続期間は堅固な建物の所有を目的とする場合は30年
  非堅固な建物の所有を目的とする場合は20年とする
  (誤り)
  普通借地権の存続期間が満了する場合において、借地権者が契約の更新を
  請求したときは、建物の有無にかかわらず、従前の契約と同一の条件で
  契約を更新したとみなされる
  (誤り)
  一般定期借地権の存続期間は50年とされ、契約でこれより長い期間を定めた
  としてもその存続期間は50年となる
  (誤り)
  建物譲渡特約付借地権とは、借地権設定に当たり、借地権を消滅させるために
  借地権設定後30年以上を経過した日に借地上の建物を地主に相当の対価で
  譲渡する旨を定めることを内容とするものである
  (正しい)

2級FP技能士を目指そうから多くの登録がある通信教育

2011年新しい資格はいかがでしょうか?!
2級FP技能士になろうから登録が多いFP通信講座-(2011年3月末)
1位 LEC(東京リーガルマインド)
(現在2010年4月FP合格フルパックがお勧め)
2位 ユーキャン
(超有名大手サイト)
3位 資格の大原
(CMでもお馴染み)

FP2級・2級FPを合格させるためのツール